無料ブログには無料ブログなりの良いところがあるんだよ。だから、自分の目的と照らし合わせて選ぼうよ。

無料ブログと独自ブログ

独自ブログに比べて、無料ブログは結構見て貰える印象がある。

以前、独自ドメインだと初動時はアクセスが上がりにくいと書きました。

独自ドメインでブログを作ると、レンタルブログよりもアクセスは稼ぎにくいんだよ。
折角ブログを作るなら、自分だけの特別感が欲しいしお小遣いも欲しい。そう思って調べてたら、みんながWordPress+独自ドメイン最強だよ!ってオススメしてる。それならWordPressでブログを作って、独自ドメインを設定してってやったけど、何かアクセス全然無いよねー。何故だ??

コレね。今回はこの辺りの補足でもメモっていこうかと思います。

 

スポンサーリンク

無料ブログはサービスの一部を借りて作成。独自ブログは、サーバーを借りて自分で作成。

今更ではありますが、無料ブログと独自ドメインブログの違いは何でしょうか?

無料ブログはレンタルサービスの一部を借りて作成したブログの事で、独自ドメインブログは、サーバースペースはレンタルするけれど、ブログのシステムは自分で構築したブログの事です。(一部例外あり)

ザックリ言ってしまえばこういうことですが、取りあえずもう少し掘り下げていきましょう。

無料でブログを作成するとき、先ずは無料レンタルブログのサイトに移動すると思います。例としてアメブロさんでブログを作ろう!と思った時、検索サイトの窓に「アメブロ 新規」や「アメブロ 登録」などで検索すると、このページに飛びますよね?

Ameba

無料ブログの場合、新規登録画面からユーザー登録の手続きをして自分のブログスペースを作る訳ですが、この場合、自分自身でドメインを用意したり、サーバーを用意したりする必要はありません。

登録したメールアドレス宛に本登録用のURLが送られてくるので、URLをクリックして登録画面へ移動し、ユーザーID、パスワード、その他必須項目を入力した後ユーザー登録してしまえば、直ぐに自分のブログスペースを用意してもらえます。これは、他のサービスでも殆ど同じ手順のはずです。

反対に、独自ブログを作成しようとすると、先ずはレンタルサーバーを契約しなければなりません。その後に、ブログを動かすためのプログラム(WordPressのようなブログソフトウェアや、CGIなど)を用意します。もし、プログラムを用意しない場合は、自力でHTMLを書く作業をしなければなりません。

また、URLをレンタルサーバー以外のものに設定したい場合、新しくドメインを契約する必要があり、その設定も自力で行わなければなりません。無料ブログのように、レンタルサーバーの契約が終わったからといって、直ぐにブログが書ける状態になる訳では無いということです。

 

無料と独自のブログをそれぞれ、マンションと一戸建てに置き換えて考えてみる。

さて。ここで、無料ブログと独自ブログをマンションと一戸建てで置き換えて考えてみることにします。

まず、マンションになるのは無料ブログです。次に、一戸建てになるのが独自ブログだとします。

沢山の人がサービスにスペースを借りて作成する無料ブログがマンション(集合住宅)で、自分で用意したスペースに自分だけのブログを作成するのが一戸建ってことです。

それでは。それぞれ新しい家族が引っ越しをしてきたとします。

住人(ブログ)の周知に差があるのはこう言う理由。

マンションの場合、ご近所さんや掲示板、管理人さん、管理会社など、色んな人づてで住人の情報が入ってくる可能性は高いです。なので、マンション(無料ブログ)に越してきた人間は、自分が頑張って挨拶をして回らなくても、誰かしら他の人づてで自分の存在を知って貰う事が出来る可能性は高いです。

これが一戸建てだとすると、近所付き合いが苦手だった場合、この家には誰が住んでいるのか近所の人でも分からないということが起こります。持ち家(独自ブログ)だと、自分がここに居るんだよってことをアピールするには、一件一件挨拶をして回らないと、気付いて貰えないこともあるわけです。

これは極端な例えではありますが、このように、無料ブログだと作ったブログを読んで貰いやすいように、ランキングを用意していたり、新着記事を掲載したりして、ユーザー同士が記事を見つけやすいよう工夫をされていることが多いです。これが、訪問者が来てくれやすいというカラクリというわけですね。

これを独自ブログでやろうとすると、ブログ作成の他にランキングの登録をしないといけません。手間がいっぱい増えてしまうと言うわけです。

まぁ、それはさておき。次へ。

マンションではいろんなイベントがいっぱい!だから交流も盛んだよ。

住んだマンションによっては、様々なイベントが開催されることもあります。

そこで知り合った人の中には、自分と気が合い友人になる人もいるでしょう。

そうすると、互いの家を行き来することも多くなるはずですし、そこでおしゃべりをしたり、プチパーティーを開催したりすることもあるかも知れません。

そういうものが、足跡機能などといった訪問履歴と呼ばれるものだと考えて下さい。これは、同じサービスを利用している人同士がやると、交流のハードルが物凄く下がります。なので、気軽にブログを訪問することが出来ますし、気になる記事にコメントを書き込むのも、リラックスしてすることが出来るんじゃないかなと思うんです。

一方一軒家は…………というと…………

これが越してきたばかりの一軒家だと、住民同士が仲の良いマンションに比べ、気軽に交流をすることのハードルは一気に上がってしまいます。何故なら、地域のイベントに参加するには、地域の情報を自分でリサーチしなければならないからです。

交流の入り口を探すことが苦手な場合、こういったイベントは開催が終わってから初めて知りましたということもあるはず。仕事が忙しくいつも帰りが遅いなどであれば、余計に地域の情報は入りにくいですよね?

独自ブログの場合、訪問履歴などの機能が無い訳ですから、何人の人間が来てくれたのかは分かっても、何処の誰々さんが遊びに来てくれたのかまでは分かりません。そのため、他の人のブログにお邪魔しても、気軽にコメントを残すのは苦手だと感じたり、訪問履歴も分からないので一方通行で終わってしまう可能性も非常に高くなってしまう訳です。

 

無料ブログは集合住宅だからこそ、互いの距離が縮まりやすい便利な工夫がたくさん施されている。

このように、広いネット社会でぽつんと建っている一戸建てと違い、元々あった大きな建物にたくさんの人が住んでいるマンションだからこそ、小さなコミュニティの中でたくさんの交流ができるように、便利なサービスが初めから使えるように工夫されています。

それは、利用者に長く使って貰えるように、たくさんの人にお勧めだよと宣伝して貰えるようにと、サービスを提供する側が試行錯誤して頑張ってくれているからですよね。

ユーザーにとってはこういったオプションなどを、気軽にを利用出来ることで、初心者でも簡単に楽しくブログを始めることが可能になっているというわけです。

訪問者数にしても、より多くの人に読んで貰えることで、サービスの利用者のモチベーションが上がるだろうと思うからこそ、ブログとブログの距離を縮め、気軽にコメントを残しやすい環境を作る努力をした結果だと思います。

なので、サーチエンジンに頼らなくとも、ある一定数ならば、レンタルブログのサービスやツールを使えばアクセスを稼ぐ事が出来るようになっているはずです。

もっと簡単に言えば、宣伝のチラシを自分自身で配らなくても、管理会社が代わりに代行してくれるってこと。

こういう代行サービスが有るか無いかで、作ったばかりのブログへのアクセスの有無は大きく変わってきます。

共有スペースにある掲示板を利用出来るマンションの住人と、自治会の共用掲示板の場所が全く分からない一軒家の住人だと、作成した宣伝用のチラシが人の目にどれだけ止まるのかなんてその差は明かですし。

 

ブログで少しでも収入が欲しいと考えている人は、他のサイトさんがアドバイスしているように、独自ドメイン+WordPressでスタートするのが将来的にはメリットが沢山あると思います。

でも、気軽にブログを始めたいや、交流を楽しみながらブログを続けたいと思っているのであれば、無料ブログで楽しくブログライフを送るほうが、精神的な負担は少ないのではないでしょうか。

少なくとも、維持費やアクセスゼロをどう攻略するかなんてSEO的な部分で頭を悩ませた結果、記事を書くのが苦痛になるなんて悪循環ループには嵌りにくいとは思いますし。

 

周りがオススメしてるからやってみよう!

ブログを始めるきっかけはそういうもので構いません。どのツールを使うかも、周りの意見を参考に決めるのが悪いという訳では無いですし、新しいことにチャレンジ出来るのであれば、自分の興味がある選択肢を選ぶのが一番ですから。

ですが、それを実行に移す前に、本当にそのツールが自分にとって必要なサービスなのかということは考えてみた方がいいかもしれません。

 

じゃないと……

折角お金を払ってスタートしたのに、全然アクセス来ないし収入増えないからつまんない!お金払って損した!!

なんて思わなくて済むし、その怒りにまかせて辞めてしまった結果、本当に無駄になったなんてことにはならないはずですから。

 

ってか、マンションというよりはどっちかっつーと…大家さんがいるアパートの方が近かったんだろうか?って今更ながらに思った。……まぁいいか。

タイトルとURLをコピーしました